mica style コラム

  • レッスン
    2017年03月14日
    今あっていると思っているトレーニングの方法はあっていますか?
  • レッスン
    2016年09月26日
    日常から普通に歩いていますが、自分が上手く歩けているか気にした事ありませんか?
  • 日常
    2016年09月19日
    大人になってから踊りをはじめた方。踊る準備できてますか?
  • 日常
    2016年06月03日
    クラシックバレエの技術向上の為マイカメソッドをやっているけど、身体の変化が分からない。 成果は出ているのでしょうか?
  • レッスン
    2016年04月25日
    クラシックバレエを習っている方は一度は疑問に思う「引き上げ」 そもそも引き上げってなんでしょう?
  • レッスン
    2016年04月13日
    顔のむくみ、脚のむくみ。 なんだか少し太ったかもしれないと思いますが、むくみが原因だったりするのです。 そもそも、むくみってなんでしょうか?
  • 日常
    2016年03月14日
    私事ですが、朝起きたら膝の内側に痛みが走って歩くのが怖くなりました。 原因は前日床に座った時間が長かった事で、骨格のポジションが崩れたせいです。
  • レッスン
    2016年03月13日
    クラシックバレエをされている方はバレエシューズはどうやって選びますか? 先日生徒さんが 「先生の足の指全部開いているんですね。」 と。 足の指は常にパー出来る程全部開いた状態で床設置しています。 なので、バレエシューズも足の幅、指先がパーに出来る広さのシューズを選びます。 しかし、私が見ている限り足の幅や指先よりも狭いシューズを使っている方がとても多いのです。 狭いシューズを履いていると、指先先が自由に使えなくなり、指先が常に緊張状態になります。 そこから前脛骨筋(スネの部分)にも緊張が走り、疲労が多くなります。 なので、なるべく足をパーにして足の幅に合うシューズを購入して下さいね。
  • レッスン
    2016年03月01日
    憧れの前屈が出来る様になる 私の生徒さんの多くは身体がとても硬く前屈しても手が床から30センチ以上は離れている方が多いのです。 この写真の生徒さん3ヶ月前はご覧の通り手が床につかず、前屈すると痛がっていましたが、マイカメソッドのポジショニングトレーニングを週1回重ね、自宅でも頑張った結果、 手が床につくようになったのです。(洋服がたまたま同じですが・・・)本人はこの変化にとっても喜んでいました。 前屈が出来ない原因としては骨盤が後傾している事が多いのです。 骨盤が後傾すると、太もも裏(ハムストリング)やふくらはぎが硬くなります。 筋肉は放っておくと収縮しかしないので太もも裏やふくらはぎがどんどん硬くなります。 又股関節のポジションにも影響が出てくるので、身体が硬い方は股関節も硬い方が多いので、お尻が後ろに下がりながら前屈しています。 日本人の多くは骨盤が後傾していると言われています。 しかし、骨盤の位置を本来の場所に戻し、股関節のポジションも調整しながら太もも裏とふくらはぎを伸ばしていきます。 他の生徒さんも今の所90パーセント近く前屈が出来るようになってきています。 たった週1回のレッスンで約3か月で身体が変わる。 柔らかくなりたい方は体験にいらしてください。
  • レッスン
    2016年02月26日
    ストレッチは身体(特に骨格)に良くないから無理にやってはいけないと言います。 私は個人的にその通りだと思います。 ストレッチには正しい骨格ポジションがあります。 そこを理解してないで、ストレッチをして、もっと柔らかくなりたいからと言って物を使ったり人の力を借りてグイグイ押したりすると関節に掛かる負担が大きく本来伸びたい筋肉も伸びなくなり、関節も不安定になり、痛みの原因になったりします。 でも、しっかりポジションを理解してトレーニングをしていくと効果も早く、1回のマイカメソッドで前屈がつく様になったりするのです。 毎週レッスンしている生徒さんの多くは3ヶ月ぐらいすると身体の変化に気がつき、柔軟性や可動域が上がってきます。 ポジションを理解しながらストレッチをかけ、身体を動かす事で、身体の血流も良くなり、柔軟性、可動域が上がり、むくみも解消します。 なので、ストレッチは本来身体にはとても良いものなんです。 正しいポジションでストレッチをする事を身体にお覚え込ませれば、柔軟性、可動域、痛みの軽減、歪み、疲労回復など大きな効果が得る事が出来ます。
  • レッスン
    2016年02月25日
    股関節は日常生活、運動などの動作においてとても重要な関節です。 股関節を骨董にしっかりはめて動かしていれば、股関節は自由自在に動くことが出来るのですが、長年ご自身の癖で股関節の周りの筋肉が収縮し、股関節が硬くなると不具合が起き、痛みが伴ってきます。 股関節の動きが鈍くなり、正常なポジションにはまらないまま、癖が強いまま使い続け、痛みが出て辛いというお客様の悩みはとても多いです。 では、どうしたらいいのか・・・ 単純に股関節のポジションを元の位置に戻していけば回復し、本来の機能を発揮出来るようになるのです。 勿論、そのためにはトレーニングが必要です。 当社独自のポジショニングトレーニングのマイカメソッド(http://mica-style.com/concept/)で股関節の位置を元の位置に改善していきます。 実際、私のお客様は股関節が急に痛み出し、好きな社交ダンスができなくなりましたが、数ヶ月後には痛みは改善し可動域がも上がり社交ダンスに復帰し、動きやすくなってきているようです。 股関節が硬い、動きにくいと悩んでいる方が多いと悩んでいると思いますが、諦めないでくださいね。
  • レッスン
    2016年02月18日
    今回はクラシックバレエのお話をさせて頂きます。 今教えている生徒さんは下半身の太ももが大きく発達して、綺麗な足のラインが出ないことが悩みでした。 話を聞くと、小さい頃からクラシックバレエを習っていましたが、身体の使い方が分からず、筋力で頑張って踊っていたようです。 レッスンで動きを観察し、見てみると、色々と問題点を発見!(他の問題点については又の機会に書いていきます) 大腿四頭筋に関して言うと、股関節が正しいポジションで動けていないので、大腿四頭筋を頑張って使って筋肉が大きく成長していたことが原因でした。そこで、ポジショニングトレーニングのマイカメソッド(マイカメソッド→http://mica-style.com/concept/)ボディメンテナンスと取り入れトレーニングした後にクラシックバレエのレッスンをして経過を見ていきました。 結果。大腿四頭筋の盛り上がりがなくなって、太もものラインが綺麗になって、股関節動きが動きやすくなり、パフォーマンスも向上してきたのです。 本人も効果が出て踊ることが更に楽しくなり、身体の使い方の大切さが良く分かったと言ってくれたので、とても嬉しく思います。 どこまで上り詰めていくのでしょうか・・・・。 今後も更に成長していく生徒さんを見ていくのはとても楽しみです。
  • レッスン
    2016年02月17日
    先日マイカメソッドのレッスン中に生徒さんが「先生骨格図を皆に見せても良いですか?」と。(マイカメソッドとは→http://mica-style.com/concept/)話を聞いていくと今身体に携わる資格を取得中で解剖学の勉強をしているそうです。そこで骨格、筋肉を勉強しているうちに、今のレッスン内容が理解しやすくなったので他の生徒さんに説明したいと言ってくれたのです。 マイカメソッドは骨格のポジシォンを意識し、ポジショニングトレーニングを行うメソッドなので、身体の構造を理解する事はとても良い事なんです。 骨格図を理解するだけでも、どこを動かしたら良いのかイメージが出来るので、初めは動かせなくても意識する事で、脳が指令を出して動かしたい場所が動かせる様になってくるのです。 その事に自ら気が付いてくれた事がとっても嬉しかったです。 いつか身体の構造に興味をお持ちの方限定の講座を開けたらと思ってます。
  • レッスン
    2016年02月08日
    股関節に痛みを感じて私の施術を受けて頂くことになったお客様。 初めは股関節の痛みの改善に全力をつくしていましたが、股関節の痛みが軽減されてきた頃、肩関節の周りも堅いことが気になっていたので、肩関節の可動域テストをしてみました。 お話を伺うと、以前から手が上がりにくく、着替えるのもスムーズにいかない。四十肩、五十肩と思い、放っておけばいつか良くなるだろうと思い、何の対処もぜず、諦めていたようです。 股関節と、肩関節の動きを良くするように施術をしていた所、次第に手と手が近づいてくるようになってきました。 そこで、主に股関節のポジショニングトレーニングのマイカメソッドを取り入れた所、更に肩関節、股関節の可動域も上がり、手と手が届くようになり、着替えもスムーズに行くようになってきたそうです。(マイカメソッドとは→http://mica-style.com/concept/)股関節も以前に比べ可動域が上がってきています。(股関節について又今度書きたいと思います。) 諦めずにご自身の身体と向き合って頑張っているお客様だからこそ、これから更にスムーズに動く身体を手に入れ今度の生活が更に輝かしいものになると思うと、これから先が楽しみでなりません。 
  • レッスン
    2016年01月30日
    今週は膝の痛みで悩んでいる方に多く出会いました。 施術でも改善できるのですが、あえてマイカメソッドでポジショニングトレーニングをしてみました。(マイカメソッドとは→http://mica-style.com/concept/)膝の痛みは股関節の周りの筋肉が収縮し、硬くなり、股関節が本来の位置で維持出来なくなったせいで、大腿四頭筋が膝周りの筋肉を引っ張って痛みが出ていたようです。 そこで、簡単な動作テストをし、見極めてから、股関節の位置を本来のポジションで動かせる様にトレーニングをしました。 結果、足を引きずって歩いていた方が痛みが軽減し、歩ける様になりました。 他の方々も同様、改善されたので、とっても嬉しかったです。
  • レッスン
    2016年01月28日
    ポジショニングトレーニングのマイカメソッド、1回目のレッスンで姿勢にかなりの変化がありました。(マイカメソッドとは→http://mica-style.com/concept/)ご覧の通り肩がかなり前に来ているのですが、レッスン後はご覧お通り姿勢がかなり改善されました。 本人はイマイチ分かっていないようでしたが、一緒にレッスンしていた皆も一目瞭然でびっくりしていました。 他にも改善した生徒さんがいたので、又変化をお伝えしていきたいと思います。
レッスンメニュー紹介
レッスンスケジュール

ご予約について

ご予約の際は、下記の電話番号またはメールフォームより
ご連絡をお願いします。また、事前に利用規約についてもご確認ください。

電話番号
お問い合わせフォームはこちら
page top
ご予約・お問合せアクセス